転職してやりたいことを仕事にしていく

転職してやりたいことを仕事にしていくにはどうするか?

自分の描いている‘’こんな仕事がしたい‘’という夢と近からず遠からじの仕事をしていたのですが

2017年02月20日 15時14分

自分の描いている‘’こんな仕事がしたい‘’という夢と近からず遠からじの仕事をしていたのですが、人事異動で忙しいばかりの部署に配属になり、悶々としていたところ、職業安定所に転職していたかつての上司から、広告代理店が人材を募集しているので行ってみないかというお話をいただき、詳細を聞きに行ったところ、月給も良く(その当時の月収はパートだったので少なく、約4倍になる)仕事内容もデザイナーとしての採用だということで、そちらに転職しました。
使用期間の3ヶ月は報酬は少ないという事はしかたないと思っていましたが、使用期間が過ぎ、本採用になってからも聞いていた月給はありませんでした。仕事自体はやりがいのある
大きなものをまかされていたし、小さな代理店で良い同僚たちに囲まれそれなりに充実感はありました。でも、重要なクライアントに関する仕事ゆえ、失敗や納期に遅れる訳にはいかず残業の日々。家庭の主婦でもある私には家族(夫やこどもたち)に対する申し訳なさがつのってきました。
そんな時に、うちの外注の仕事をしてくれないかという印刷屋からの誘いがあり、
外注ならパソコンひとつあれば家にいながら仕事もできるし、家事もできる。子供たちが帰って来たら「おかえり」と迎えてあげられる。
在宅で、デザイン関係の仕事ができる。
それは思い描いていた夢に一番近いものでした。
メイテックネクストの評判はこちら